viera

 

動画配信サービスは、インターネット回線を通して使われることが始まりでした。
それで、今でも普通のテレビではサービスを楽しむことができないままです。

 

ケーブルをつないでスマホ画面をテレビに映したり、他のサービスを契約して、そこから個別のサービスを利用したりといった工夫が必要です。

 

それができない、面倒な人はどうする?

 

実は、最近の動画配信サービスの人気、普及を反映して、テレビ自体に動画配信サービスを利用する機能を付けたものが出始めています。

 

この記事では、それをちょっと覗いて、まとめています。

panasonicビエラの場合

有名な動画配信サービスの説明ページでいちばん多く推奨されているのがpanasonic系のテレビです。

 

今ある普通のテレビと、何が、どう違うのでしょうか?

 

スマートTVアプリでテレビから見る

 

例えば、panasonicビエラのテレビの場合は、「アプリマーケット」で各サービスのアプリを入手します。

●(2014年以降発売モデルの場合)
ビエラのリモコンの「アプリ」ボタンを押し、画面左上の「アプリ・マーケット」を選択してください。
(panasonicサイトより)

というように、インターネット接続したテレビでメーカーのアプリサイトから入手します。

 

入手したアプリは、

  1. リモコン登録
  2. テレビ画面にアイコンで登録

することで、見たいときに利用することができるようになります。

 

 

(panasonicサイトより)

 

 

これはとっても便利!
難しいことも一切なくて、誰でも簡単にできる。
テレビでいつでも手軽に見れるようになるのは嬉しい。


 

対応サービスも充実

 

有名な動画配信サービスもどんどん見られるようになってきています。
今はまだ利用できなくても、将来どんどん追加されていくことは間違い無し。

 

YouTubeも見れて、パソコン起動の手間がなく「レシピ」確認できたりと、使い方も広がりそうです(^^)/

 

動画配信サービス対応テレビは、先行投資アリのおすすめですね。

 

【参考:対応動画配信サービス例】
YouTube、amazonプライムビデオ、dTV、Paraviパラビ、DAZN、hulu、U-NEXT、TSUTAYA TV、RakutenTVなど

 

このほかにも、カラオケchや独自の配信サービスもあって、便利に使えるようになっています。

 

このテレビを買ってアプリを入れても自動では見れません。
動画配信サービスの契約(有料)が必要です。
アプリからログインして、手続きをすることで利用が可能になります。

SHARP-AQUOSの場合

テレビと言えばアクオスも代名詞的存在。
AQUOSを使っている人も多いはずです。

 

AQUOSは、本体とは別に、テレビを活かす、「ネットプレーヤー」というセットトップBOX(付属して機能を増やす機械)を接続することで便利に使えるます。

 

 

AQUOS

("https://jp.sharp/aquos/netplayer/")

 

この装置は、かなり広範囲なAQUOSに使えます。
今のテレビを活かして、動画配信を快適にしたい人にはうってつけですね。

 

おすすめ番組機能

視聴傾向を分析、番組表からおすすめを選んでくれる。
その時間帯でいちばんのおすすめを自動提案(^^)/

自動感知起動

人が近づくと”あさいつ”して起動。
しかも、”今このおすすめ番組をやってるよ”と教えてくれる( ゚Д゚)

リモコンにアプリ起動ボタンを装備

登録したVODのボタンを押すとアプリが起動。
4つまで登録できるので、映画、ドラマ、アニメ、スポーツと、たくさんのVODを契約していても大丈夫ですね。

 

なんとも快適で新しさ満点の機能がたくさん使えます。
古いテレビも未来のVODテレビに蘇るみたいで、これは嬉しい機械です。
SHARPさん、凄過ぎます!

 

\楽天市場での情報/

AQUOS ネットプレーヤー AN-NP40

価格:12,800円
(2020/7/3 14:04時点)

 

↑楽天で最安値探してみました↑


SONY−BRAVIAの場合

テレビ3強の一角、SONYのブラビアではどうでしょうか?

 

ブラビアは、他のメーカーと違って、テレビ自体に機能を搭載しています。

 

 

bravia

("https://www.sony.jp/bravia/tv_choice/point3.html#control")

 

テレビ自体にAndroidTVを搭載しています。
ここから、いろいろな動画配信サービスへログインして見ることができます。

 

これも、なかなか便利ですね。
有名なVODも揃っています。
接続やアプリの入手設定が面倒な人には最適です。

テレビはインターネットにつながるの?

そもそも、テレビがインターネットにつながっていなければ、アプリをつかうこともできません。
でも、自宅のテレビはインターネットにつながるの?

 

テレビにLAN端子があるかどうか確認

 

パソコンをつなぐにも今は無線LANが主流です。
一方で、テレビは無線LAN対応しているものはほとんどありません。

 

LANケーブルを介してインターネットに接続することになります。

 

自宅のテレビの裏面か側面を確認してください。

【SONYの例】

テレビ端子

 

テレビ無線LAN端子

別売で無線対応できるものもあります。

 

※https://www.sony.jp/support/tv/net/setsuzoku/type1/ などから引用。

 

テレビのLAN端子から、自宅のインターネット装置につなぎます。

ケーブルで接続するには、例えば、NTT東日本の光回線を使っている場合は、以下の装置のLAN端子とテレビをつなぎます。
端子は裏面にあります。どこでもOKです。

NTT東光終端装置

NTT東日本 光終端装置(WiKiPedia)

超便利なamazonFireTVStick

テレビとインターネットをつなぐことで、動画配信サービスが便利に利用できることになります。

 

ここで、もうひとつおすすめしたいのが、amazonFireTVStickを使うことです。

 

amazonプライムで動画配信サービスの窓口を作る

 

amazonプライムは、amazonの配達を無料にしたりするためのオプションです。
これ自体には年間4,900円の料金がかかります。

 

しかし、それだけではなくて、amazonプライムビデオ、amazonプライムミュージックなど聞き放題、見放題サービスを利用することができるようになります。

 

このamazonプライムビデオをテレビで映すと、「映画やドラマ、アニメ」といった作品とともに、動画配信サービスのアイコンも表示されます。

 

このアイコンをクリックして、契約している動画配信サービスにログイン(利用するためのIDやパスワードを入力すること)できます。
その後、テレビの画面で、動画を選択して見ることができます。

 

今現在、国内のほとんどの動画配信サービスがamazonFireTVに対応しています。
テレビで動画配信サービスを快適に利用したいなら、この方法はとてもおすすめです。

 

【編集者の例】

amazonでparavi

※amazonFireTVStick経由でParaviを使う例。

 

 

動画配信サービス対応テレビでないとき、
この方法はとてもおすすめ。
テレビの利用もグンと便利になります。


 

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る