国内サービスNo,1の実力でダントツ人気のU−NEXT

u-nextの画像

 

動画配信の国内勢でいちばん人気がU-NEXTです。
Netflixが世界的な巣ごもり政策で配信に制限がかかり始めていることもあり、U-NEXTの信頼度はさらに上昇。
さらにシェアを伸ばすこと間違いない国内勢No,1サービスがU-NEXTです。

 

U-NEXTがおすすめな3つの特徴

 

140,000本の圧倒的な作品数で観たいものが観られる

 

国内最多の作品が揃っており、観たいものが確実に観られるのが魅力。
しかも、

  • ☆国内、海外ドラマ〜アニメ〜映画まで多様なジャンルにコンテンツが満載。
  • ☆映像は基本的にフルHDの高品質で、画質もクリアで観疲れせず目にも安心。

 

まさに、家族全員でそれぞれの環境で自由に好みのコンテンツが楽しめるNo,1サービスです。
その分、月額料金は2,189円と他よりも高めですが、内容を考慮すると「映画1本分」で楽しめるならむしろ格安感があります。

ポイントで最新作も観れるお得なシステム

 

30,000本分の最新作品やまさに今な作品はPPV(観たい作品にお金を払って観る方式)ですが、毎月溜まるポイントが利用できます。
定額料金だけでおおむね1,200ポイントが溜まります。
これで、他のサブスクでは観れないような最新作も「月3本」ほどは愉しむことができます。

 

料金的には高いかな?という感想をお持ちになることも多いでしょうけれど、この「ポイントで最新作3本」はかなりお得感があります。
しかも、他のサブスクよりも作品の入れ替えも、最新作が揃うのも早いため、トレンドな作品をいち早く観ることができます。

 

ポイントで新作映画をしっかりと鑑賞すれば巣ごもり生活でも見逃しせずにすみますね。

スマホ・タブレットでダウンロード視聴できる

 

在宅勤務でテレワーク、学校も保育所もお休みで家族がみんな巣ごもり状態!!!
こんな状態では「コンテンツ争い」勃発も間違い無しですね。

 

ママはお子さんのためになる番組やアニメなどが希望、パパはゴルフが観たいなど、1つのテレビでは対応しきれない。
そんな悩みはダウンロード機能で解決!

 

  • ☆3つまでの子アカウントを設定すれば、観たいコンテンツをタブレット、スマホにダウンロードして再生することができます。
  • ☆タブレットやスマホに落とせばテレビは自由に別のコンテンツを観ることができます。

 

子供さん向けの知育番組はテレビで大きく、ママの映画はタブレットで、パパは隅っこでスマホでゴルフ番組、、、いいシチュエーション完成。
長い巣ごもりは、お互いに余計な干渉をしないで、家でもソーシャルな距離感が良いかもです。

 

 

 

U-NEXTの特徴とサービス概要まとめ

 

U-NEXTのサブスクサービスをわかかりやすくまとめてみました。

 

料金と内容

 

月額利用料金と利用できるサービスは、

月額料金:1,990円(税抜)
・内訳/ビデオ見放題990円・雑誌読み放題500円・1,200ポイント付与分500円
・読み放題ビデオ数=約140,000本
・読み放題雑誌数=約70誌

このほかのコンテンツや雑誌は個別のポイント課金で購入。

 

見放題のなかみ

 

見放題は日本最大級!

 

洋画・邦画

見放題8,500作品 レンタル210作品
海外テレビドラマ 見放題640作品 レンタル220作品
韓流・アジアドラマ 見放題960作品 レンタル15作品
国内ドラマ 見放題1,140作品 レンタル140作品
アニメ 見放題3,200作品 レンタル210作品
キッズ 見放題920作品 レンタル10作品
その他 見放題18,000作品 レンタル3,000作品

※その他には、成人向け作品を含みます。

 

☆最新作品は「DVD発売前」に観ることができるものもあります。
☆TV放送中のアニメも見放題で多数配信しています。見逃しても後追いで観れます!
☆電子コミックもポイント購入可能(毎月付与のポイントを利用)。アプリを使えば、動画もコミックも楽しめます。

 

また成人向け動画も「DVD発売と同時に配信」されています。

avの画像

※子アカウントで個別に視聴の可能・不可能を設定できますから安心です。

 

70誌の雑誌が読み放題

 

幅広い年代向けの有名雑誌が70誌読み放題。
わざわざ購入することもなく、読み逃しもありません。

 

読み放題の画像

 

テレビ以外のパソコンやスマホからも視聴可能(マルチデバイス)、しかも4台同時に視聴可能

 

今はソーシャルな距離が求められる時節。
お家の中でも、1日密接せずに、自分のリラックス空間で愉しむのが主流。
U-NEXTなら、4つのアカウントを持つことができて、「ぞれぞれの機器で同時にそれぞれ好きなコンテンツを楽しめます」。
(※ただし、同じ動画コンテンツを4台で同時に観ることはできません。)

 

これは便利!
子供さんは知育番組で学習モード、ママは悩ましい毎日のレシピ調査、パパはお仕事のための雑誌記事調べ、、、便利!

 

マルチデバイスの画像

 

見過ぎ、コンテンツの視聴管理もバッチリ

 

親アカウント1+子アカウント3の合計で4つのアカウントが持てます。
それぞれに、「R指定作品・アダルト・購入制限」の設定が可能です。
子供さんの視聴管理や購入管理ができて安全です。

 

マルチアカウントの画像

 

対象/アカウント


子1 子2 子3
R指定 × ×
アダルト × × ×
購入制限 ×

 

パパが親アカウント、ママが子アカウント1、高校生が子アカウント2、小学生が子アカウント3とした場合の例。
それぞれに最適な設定ができるので安心、安全です。
(※それぞれの視聴履歴などは残りませんし、確認することはできません。)

 

U-NEXTを使っている方の口コミや感想はどう?

 

実際にU-NEXTを使ってみた口コミや感想をまとめてみました。

 

【新作2本観ても安い】
以前は、月額見放題1,000円ほどのサブスクを契約。
新作はレンタル屋さんで1本400円ほどで月に2本借りるので、合計で2,000円は使っていました。
U-NEXTは、月額料金が1,990円しますが、毎月1,200円のポイントが付くので新作映画2本は観ることができます。
金額的にはU-NEXTの方が安くなります。

【逃さず観れてしかも便利】
サブスクのほかに、話題の新作をレンタルしていました。
しかし、新作は人気で競争が激しくて貸出中のことも多いので借りれないこともあります。
その点、U-NEXTなら、無駄足になることもなくとても便利。
しかも、自分の都合の良い時間帯に手軽に観れるのでもうレンタルビデオ屋さんは行っていません。

【安心な視聴管理ができる】
巣ごもり自粛でみんなお家にいるって凄くもう大変!
でも、U-NEXTでそれぞれが好きなコンテンツで愉しめてかなり解消できています。
子供の知育番組もあって、むりやり(?)見せたりもできるし、自分の好きなコンテンツを自分のスマホで観れるのもいいですよね。
アカウント管理で、子供には観て欲しくないものもブロックできるので安心。
パパはこっそりHなものを見ているのかもですが、まあそれは見逃しですね。
U-NEXTを上手く使うことで、みんながストレス溜めないようにできているかなと思います。

【ダウンロードができるのでとても便利】
ほかのサブスクでは、その機器で視聴するのも配信形式でしたので、全員がつなぐと遅くなったりしていました。
でも、U-NEXTなら「U-NEXTプレーヤ」というアプリで動画をダウンロードして観ることができます。
これならお家のWiFi混雑もなくなってスッキリ。
しかも、屋外で観ても通信料なし。かなり使えるサービスです。

【映画館の割引に使える】
ポイントは映画館の割引にも使えるのがいいですね。
友だちと行くときに使っています。
レイトショーなどほかの割引と使うとかなりお得に観れるのでポイントが溜まるのも楽しみです、

 

かなりお得な「31日間トライアル」のなかみ

 

U-NEXTにしょうかどうしようか、と迷うなら、まず「31日間トライアル」を試すのがおススメです。
お金も一切かからず、最強のコンテンツ、使い勝手などがお試しできます。

 

内容も、トライアルだからといって一切の妥協無し!
【31日間無料トライアルの特典】

  •  1 見放題作品が31日間無料で視聴可能

   最新作はレンタル配信(個別課金)となります。  

  •  2 600円分のポイントプレゼント

   DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や最新コミックの購入に使用可能。

  •  3 追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題

 

U-NEXTでは、「見放題が公称140,000本」ですが、その他にも「最新作品や放映中ドラマの見逃し」が課金購入で観れます。
また、人気雑誌がデジタルで「70誌読み放題」になっていますが、雑誌やコミック購読にも、、「ポイント・課金購入」対象のものがあります。
トライアルでも、ポイントを600円分獲得できるので、ポイントで観るお試しもできます。

 

 

まだまだ自粛は続きそう、、、?そして、働き方も変化しそう。
そんなこれからの時代の楽しみ方に完全にマッチしているサブスクがU-NEXT。
コンテンツの多さだけでなく、視聴できる機器から視聴管理まで、あらゆる面で満足できる内容です。
まず、31日間トライアルで楽しさをお試ししてみると良いと思います(^^)/


 

 

 

 

(記載の情報は、全て2020年1月末時点のものです。)